28年間のただ苦しいだけのダイエット生活から救出してくれて救世主です!

こんにちは。

「制限」ではなく「管理」で痩せる!オンラインパーソナルトレーニングの松永健吾です。

オンラインパーソナルを受講されたHさんが、3ヶ月コースを卒業されたのでご紹介します!


Hさんの受講目的

1.とにかく見た目を細く見られたい。
2.特にヒップ下のたるみというか皺が気になる。丸いヒップにしたい。
3.お腹の厚みをなくしたい。
4.高校2年から始まった28年間に及ぶダイエット生活から解放されたい。
5.ダイエット情報に振り回されず、ぶれないダイエットを確立したい。
6.体重は気にしないといっておきながら、心の奥底には40㌔台への憧れが消え
ないので、そういう考え方を払拭したい。
7.ダイエットにこれ以上お金をつぎ込みたくない。


Hさんの生活リズム

6時起床~6:45 朝食、お弁当作り
6:45 朝食
7:40 筋トレ(3~10分)
8:00 ヨーグルトとフルーツ
8:15 出勤(電動自転車で25分)
8:40 出社(17時まで会計事務所にて1日パソコン使用)
10:00 なんとなくおやつを食べる(大体チョコが多い)
12:00 ランチ(お弁当持参)
12:15~50 ストレス発散のため外出。その時に必ずといっていいほどおやつを買ってしまう。大体チョコや飴やガム。このおやつを13時から15時の間に完食してしまう。買ったら食べちゃう、食べたら後悔するとわかっているのにほぼ毎日この行動をとってしまう。ちなみに土日はこういうことはない。
13:00 仕事しながら口寂しくて、なんとなくチョコやガムを食べる
15:00 おやつ(特にお腹がすいてるわけでもないのに、なんとなく習慣と口寂しさとストレス?でチョコやヨーグルト、煎餅を食べる)
しかも量は一箱とか一袋単位。
17:00 退社(電動自転車で25分かけて帰宅)
17:25 帰宅
~18:20 夕飯の支度、洗濯
18:30 夕飯(子どもが大学生と高校生のため帰宅がバラバラなので、ほぼ一人で夕飯)
19:30~20:30 宅トレ(10分~30分)
21:00 翌日のお弁当支度
自分時間(副業やスマホみたりテレビ見たり)
22:00 入浴
入浴後はスマホやテレビを見る
23:00~0:00 就寝

*土日は特に予定がないときは」朝寝坊することが多く、起床時間は8時過ぎ。
ブランチになることが多い。



Hさんのここ2~3ヶ月の食事

★サラダのドレッシングはかけない。こしょうのみorポン酢
朝食 米(小さい茶碗に1杯)、納豆、サラダ(サニーレタス、ミニトマト、小松菜がほぼ毎日)、味噌汁、副菜(ひじきや切り干し大根の煮物を小皿1つ)
フルーツ、ヨーグルト

10時頃 会社でなんとなくチョコを食べる

12時 お昼(持参のお弁当)
肉か魚を握りこぶし1つか2つ分。
サラダ(ほぼ毎日レタス、ミニトマト、小松菜)
副菜(ひじき煮物や切り干し大根煮物などを小さいアルミカップに2つ)
米(小さい茶碗に1杯)

13時 チョコやガム
15時 チョコ、煎餅、ヨーグルトなど。なにかしら食べてる。
チョコやアメは1袋or1箱単位で食べてしまう。

夕飯 ・肉か魚を握りこぶし2個分くらいの量。
肉の場合はヒレ肉や鶏胸肉多く、ボイルやグリルで焼くだけのシンプル&ノンオイルが多い。
サラダ(朝昼と同じような感じ)、副菜(煮物が多い)、卵1個(茹で玉子か卵焼きにすることが多い)
米は抜くことが多い(おやつ食べ過ぎたら基本抜く)



Hさんのダイエットのお悩み

1.28年間のダイエット生活から卒業したい。

2.毎日体重計に乗る生活から卒業したい。

3.100種類以上のダイエットをしてきたせいで、自分なりに組み立ててしまったダイエットノウハウをクリアにして、正しい知識を得たい。

4.とにかく有酸素(ウォーキング系)が苦手、でも宅トレは好きだから無理のない感じでトレーニングを楽しみたい。

5.太りたくないから、夕飯はお肉だったらグリルかボイルなど 一人だけ違うメニュー。こういうのをやめたい。

6.昼休みにおやつを買うと、必ず完食してしまって後悔。わかっているのにやめられない。この思考をどうにかしたい。


Hさんのダイエットの歴史

★高2 人生初のダイエットはリンゴダイエット。3日坊主で終わる。
その後友人から食べたいならそのあとで吐けばいいんだよという何気ない一言で過食嘔吐するようになる。
過食嘔吐しても痩せることはなく(54㎏)、これ以上太ることもなかった。

★短大1年になると自然に痩せていった。
高校のときは1日5食以上たべていたので、普通に3食になっただけ。

★20才、社会人になり、飲み会などで食べ過ぎたときにたまに嘔吐していた。

★18才から24才までは痩せていたのに(今写真をみると痩せてる)その当時はもっと痩せたい願望があり、雑誌などに載ってるダイエット法を片っ端から試してた。でも続いても1週間。

★25才で結婚。すぐに妊娠。太るのが怖くて、妊娠中にも関わらず、つわりと偽って過食嘔吐していた。

★26才で出産。骨盤矯正の下着着用。ハリウッドモデルのエクササイズビデオを見ながら家でトレーニングするもあまり変化なし。

★29才二人目出産。家でヨガやステッパーなど手当たり次第に本やダイエットグッズを購入するも長続きせず。

★32歳から36才 主人の転勤でベトナムへ。ベトナムではとにかくよく歩いた。また長年の悩みだった太ももを細くしたくて、たまたまネットサーフィンしていたときに知った骨盤ネジ締めダイエットを試してた。でも続いても1週間。

★36才で帰国。骨盤ネジ締めのダイエットインストラクターの資格を取得したが引き締まらず。

★37才。兼子ただしさんのことをテレビで知り、渋谷の整体へ週1で通った(約1年)。全く変化なし。それでもやらないよりはましと思い、グッズを購入したり、歩き方やランニングなどのミニ講座も受けたが変化なし。

★38才。人生初のパーソナルトレーナー。どうしても太ももを細くしたくて、これまたテレビで知った足痩せ専門のインストラクター〇〇さんを知り、恵比寿のサロンに通い始める。月2回、約2年通う。
体重51㎏→48㎏
ウエスト 65センチ→59センチ
太もも 54センチ→48センチ
ヒップ 90センチ→86センチ
確かにサイズも見た目も変わったが、松永さんのメールを読んでて今思うことは、制限だらけだったなと。
サイズに変化があったのは楽しかったが、やってることは苦痛だった。それがきっかけでまた過食嘔吐再発。
ちなみにここでのアドバイスは
1。1日1万2千歩のウォーキングを週5日
2。週5日 15分から20分の宅トレ(トレーニングは2週間に1回のパーソナルのときに教えてくれる)
3。毎日湯船に10分から20分浸かる
4。毎食タンパク質を生の状態の大きさで握りこぶし1個分食べる(生で食べるわけではないです)
5。味噌汁やコーヒー以外の水分を1日2リットル飲む。このおかげでもともと近かったトイレが更に近くなり、か活動膀胱になり、通院するはめになった。
6。おやつを食べたら1万5千歩歩き、直後の食事の米を減らすかなしにする。

他にもいろいろあったような気がしますが、太るのが何よりも怖かった私は、週5日どころか雨の日も風の日も毎日欠かさずウォーキング&宅トレしてました。こんな生活を送ったある日、股関節と踵が痛くなり、歩くのをやめました。
ちなみに〇〇ダイエットは効果もありサイズも小さくなりましたが、、肝心の脚は筋肉質になり、なりたかったしなやかな筋肉がついたほっそり脚にはならなかったです。

★41才 ネットサーフィンで〇〇さんを知る。週1回3ヶ月で15万くらいだったかな?を払ってパーソナルを受ける。ただし、トレーナーは本人ではなく女性トレーナーだった。
有酸素が嫌いな私にとって、〇〇さんのジムは筋トレすれば有酸素しなくても痩せ体質になりボディメイクできるというもの。この言葉に感化されて受講したが、ここでも制限。
朝はこれを食べた方がいいとか。
しかも担当トレーナーに質問すると同じことを質問しているのに答えが違っていたりで困惑し、信頼も薄くなってきた。
3ヶ月の結果はサイズも見た目も変わらず。しかも3ヶ月で終了なのかと思ったら、維持するなら最低でも月2回来てねと営業される始末。
もちろん、効果もないし、高額なので3ヶ月でやめた。

★41才から42才。ネットサーフィンで運動ゼロで食べて痩せるダイエットを知り、過食嘔吐がひどくなっていたため、最後のダイエットと決意して20万近いお金を払って受講。
全6回の食事に関することを学び、3ヶ月間食事のコメントをつけてくれる。
なによりも、女子栄養大学で学んだ代表が教えてくれるし、スーパーで揃う食材だけだったので家族にも財布にも優しいしこれなら続けられると思い毎日こつこつ言われた通り食べた。
53㎏→49㎏
太もも52センチ→48センチ
数字は小さくなってるが、運動してないのでお腹はぼよーんだし、締まりのないボディライン。
でも効果はあるし、家族のためにもなるなと思い、更に40万払ってインストラクターの資格を取得したが、インストラクターの資格受講中に
代表のブラックな部分(金儲け主義)が見えてしまい、それがストレスとなり過食嘔吐再発。

★その後は
地元の先輩でパーソナルトレーナーがいるので、最初の3ヶ月は月2でそのあとは月1で自宅でトレーニングを教えてもらう。
毎日宅トレをし、少しずつ体型に変化がでるが、私のなりたい体型にはならない。
パーソナルで教えてもらってる最中、幼馴染みという甘えがあるのか、お金をきちんと払ってるにも関わらず、教えながらスマホをいじったり、
当日になって時間変更をお願いされたり‥
食事のこともざっくりとしか教えてもらえず、具体的なアドバイスもなく、私のなりたい体型ではなく、彼女のなりたい体型に近づけるよう
トレーニングをすすめるため今年の夏でやめた。

★現在は主にインスタを見て宅トレ中。




Hさんのオンラインパーソナル期間の様子

Hさんはまず最初の食事記録の時点で、かなーりキッチリしてました。

Hさんのプログラム中の記録は記事にもなっています!



Hさんのオンラインパーソナル3ヶ月の結果



・巻き肩改善
・お腹薄くなった
・内ももの隙間ができた
・膝が内側に向いていたのが直った
・肩甲骨周りの丸い感じが減った


こんな変化がわかりますね!


数値はこちら
体重 52kg → 48.3kg -3.7kg
体脂肪率 27% → 22.1% -4.9%
ウエスト 67cm → 62cm -5cm
おへそ周り 74.5cm → 74cm -0.5cm
ヒップ 89.5cm → 86cm -3.5cm
もも周り左 50.5cm → 48.5cm -2cm
もも周り右 51cm → 49cm -2cm
二の腕左 27.5cm → 25cm -2.5cm
二の腕右 28cm → 25cm -3cm

本当に我慢しないように!って言ってたのですが、するすると体重が落ちていきました。


Hさんから頂いたご感想

食事に関して



食事記録は、以前に普通に食べるだけで痩せる!というダイエットをしていた時の癖で、ものすごく細かく計量してました。

今回も食事記録があるとのことで、「あー、また細かく計量しなくちゃいけないんだなー」と正直、初日からストレスになってました。

でも、そんな私の気持ちを察してくれたのか(笑)、初日早々、松永さんの神のような一言、

「細かく計量しすぎです。そこまでキッチリやらなくていいです。」

この一言にどれだけ救われたことか!!

しかも「生の状態で計量した方がいいのか?調理後の方がいいのか?生と調理後だと誤差が出ます。」と今思えば笑えるようなアホのような質問までしてました(笑)。

ほんと今だから笑えますが、28年間のダイエットでおかしな思考になっていたんだな~とつくづく思います。

松永さんからは特に「これ食べなさい。これは食べてはダメ。」とか何も言われなかったので、最初は不安でしたが、それがよかったんだと思います。

それこそそんな風に指示されていたら、制限されてることになってるし、卒業したら「今日から何を食べたらいいの?食べ過ぎたらどうしたらいいの?」ってパニックになって、また負の連鎖に陥っていたと思います。

私の場合、過食嘔吐もあったため、それも悩みでしたが、松永さんのダイエットのスタート前カウンセリングから全く過食嘔吐がなく、落ち着いて食べることができました。

しかも、10時と15時のおやつも普通に食べてました。

そのおやつも今まではファミリータイプのチョコとかを1袋ぺろりと食べていたのに、今はそこまで食べなくても満足できるようになりました。

今でも普通の人に比べたら間食の量は多めだとは思いますが、それでも体重が減ってるいるのは自分でもビックリです。

28年間のダイエットで、自分の中で勝手に食べたら太るものリストを作っていて、食べられなかったものがたくさんあったことにも気付かされました。

具体的には、松永さんの一言で「あっ、そうだ!」と思ったのは「男子が好きな食べ物」です。

カレー、うどん、焼き肉、ハンバーグ、焼きそば、餃子…何年も怖くて食べられなかったものが普通に食べられるようになりました。

そして、こういうものを食べても太らない体になりました!

今では、今まで食べられなかったものはなにかな~?と探すのが楽しみになってきてます

そして、そんな私を見て、子供たちが、「えっ!ママ食べてる!!」ってビックリしてます

このダイエットをする前に比べたら、食べてる量は増えてるのに、しかも大好きなチョコも食べてるのに、食べたいものを我慢せずに食べられて、しかも引き締まっていったことに、自分自身が一番驚いてます

これはメンタルにも繋がるのかもしれませんが、外食するときに今までは「太らなさそう」「ヘルシーそう」「カロリー少なさそう」と食べたいものよりも太らなさそうなものを選んで食べてました。

結果、あとでなんか食べたくなり、暴食しては自己嫌悪。

でも、今は外食では食べたいものをチョイスして、友達や家族との会話も楽しんで、その結果、痩せホルモンが出るのか、多少食べ過ぎても太ることもなくなりました(逆に体重減っていることもあります)。

また、たとえ外食などで体重が増えても、前のように落ち込むことはなく、冷静に判断しできるようになりました。

以前は食べてるのに太らない人を見ては羨ましく思ってましたが、今は私自身が食べても太りにくい体質になったので、人は人、私は私と客観的に自分自身を見れるようになりました。



メンタルについて



もう、ほんとに、これが一番変わったところだと思います。

ダメンタルが180度変わったと思います。

食事も体重の数字も気にすることがなくなり、その結果、ダイエットに対するストレスが全くなくったです。

松永さんのダイエットを始めるにあたり、私の場合、162cm・52㎏からのスタートでした。

45歳だから、痩せすぎると、しわしわになるのも怖かったですし、なによりも28年間のダイエットで痩せにくくなっていたので、とにかく体重よりも見た目を綺麗にしたいなと思い、このダイエットを受講しました。

でも、やっぱり、40㎏台への憧れが脳裏から離れず、最初の頃は100g単位で体重の数字に一喜一憂してました。

しかも、私の場合は、スタート前カウンセリングから面白いくらいに体重が減っていったので、100gでも増えると「昨日パンを食べたから?」とか「お菓子食べ過ぎたらから?」とか、すぐにマイナス思考になってました。

そこに松永さんからの絶妙なミラクルコメントが

「パン食べたら太って、米食べたら痩せるんですかね?」

とかほんとに、その時その時の私のダメンタルを一から立て直してくれました。

これはとても大きかったです。

このミラクルコメントのおかげで、体重の数字を気にしなくなり、気づいたらあっという間に48㎏台にまでなっていました

全くと言っていいほど、自分の中では頑張ってる感じがないので、ダイエットをする上でメンタルって本当に大きいと思います。

メンタルが普通になってくると、人の目もあまり気にならなくなりました。

事実、たまに会う友人やパーソナルトレーナーをしてる友人(過去に受けたこともある)ですら、約4㎏も痩せた私を見ても、誰一人「痩せたね」と言ってきませんでした。

それだけ人の目から見たら自分の体重って大したことないんだなーと思ったら、1~2㎏の体重増減はほんとに誤差のうちだなと思えるようになりました。

そもそも、自分の体重を掲げて歩いてるわけではないし、やっぱり体重より見た目だなーとつくづく思いました。

28年間のダイエット遍歴で、いろんな制限を自分で勝手にかけてしまった結果、ダイエット=我慢 という思考になってました。
 
その結果、普通の考え方ができなくなり、実家で楽しくて過ごすはずのお正月も、お正月=太る というわけのわからない等式ができあがってしまい、この数年は自分の実家なのに、仮病を使い、夫と子供たちが私の実家で過ごし、私は自宅で一人留守番という行動をとってました。
でも、今年は数年ぶりに母のお節料理を堪能したし、年末は年越しそばも数年ぶりに家族で食べました

松永さんのダイエットメールサポートで、ほんとにほんとに救われました。

28年間のダイエットという長ーーーいトンネルからやっと抜け出すことができました。

ほんとに感謝しかないです。

3ヶ月が経ち、(line)を読み返してたら、最初の頃の私はやんでたなーと思いました(笑)。
しかも読み返していて「これって私?」っていうくらい性格が変わったような気がします。



トレーニングについて



今まで3人のパーソナルトレーナーを受けたことがありましたが、あまり変化がありませんでした。

お金も続かなくなってきたので、ここ1年くらいはインスタやYouTubeを見ながら宅トレしてました。

でも、何がいけないのか、ほとんど変化がなかったので、松永さんには失礼ですが、スマホで動きチェックというのも、どこまでできるのか不安でした。

でも、ものの見事にそんな不安は打ち消されました。
 
運動神経ゼロ&運動センスゼロの私でも、少しずつですが、どこを使ってるのか、どこを意識してやるのかが分かるようになり、少しずつできるようになりました。

松永さんに「できないんじゃなくて、使える体になってないだけ」と、これまた(line)のやりとりの一言で自信に繋がりました。
食事管理と同様にトレーニングも「これやりましょう」とか松永さんからの指示は全くなかったので、最初は何からやったらいいのかわからず、せめて最初くらいは何か指示してほしいなーと思いました。

でも、結局はこれでよかったんですね。

だって、卒業したら、自分でメニュー考えなくてはいけないし、今日の自分の体の状態を知ってるのは自分しかいないから、指示待ちで動いていたら、これまたストレスになっていたと想います。

最初の頃は、「3ヶ月しかないから、たくさん見てもおう」と欲張ってしまい、数種類送ってましたが、これは私には向いてないことが分かったので、多くても2つのトレーニングを送るようにして、1つの動きが完璧に出来るようになってから、次に自分のやりたいトレーニングを見てもらうようにしました。

これも自分でこうしようと思ってやったことなので、ストレスなくできた要因だと思います。

1つのトレーニングをじぶんのものにするために、とくにスプリットスクワットでは多分1ヶ月以上かかったような気がしますが、松永さんは懲りずにずーっと寄り添って見守っていただいて、出来の悪い私でもなんとか出来るようになりました。

(line)でうまく説明できないときは、動画に言葉を添えて送ったりしたのですが、それも、きちんと見てもらえて、謎解きがかなりできました。
 
私の場合は、ほんとに動きがイマイチどころか分からない部分があったので、出張パーソナルも受けたのがよかったです。
 
おかげで、SNSを見ながらやってもできなかったのは、ただ単に動ける体になってなかっただけで、年齢関係なくボディメイクはできるんだなと自身が持てました。
 
あとビックリなのが、お尻、太もも、お腹が引き締まればと思い、そのあたりを重点的にやっていたのに、二の腕も引き締まったことです。

プッシュアップが苦手なのもあり、二の腕の太さは気になりつつも、年齢も年齢だし、二の腕は後回しでいいや!くらいに思っていたので、まさかの引き締まりにビックリしました。



受講前と変わったこと



とにかくダイエットしなくちゃ!痩せたい!という思いから解放されたことがとっても楽でしょうがないです。

あれを食べたら太る、これを食べたら太りにくそう!とか、友人や家族との外食も怖くなくなったし、なによりも毎日ダイエットしてるー!!って感じが全くないです。

日々の生活が、気づけばダイエットになってる!みたいな感じで、気持ちがとっても楽です。

食べることも、トレーニングも全く無理してないので、全くストレスを感じてないです。

体重も1~2㎏増えても、全く焦ることもなくなったし、たとえ増えても誤差の範囲なので、落ち着いて客観的に見ることができるようになり、「明日から普段通りの生活に戻せば大丈夫!」という安心感と自身がつきました。

今はダイエットではなく、老後も綺麗で自分の足でいつまでもちゃんと歩けるようになりたいので、そのためにトレーニングしてる感じです。

3ヶ月終えて、松永さんとの(line)のやりとりがなくなったのはとっても寂しいですが、今までのパーソナルトレーナーのように、卒業したらどうしよう?という不安は全くなく卒業できました。
痩せて綺麗になったら、大好きな洋服をかっこよく着こなしいたいという願望が強く、今回痩せたら我慢していたショッピングを思う存分楽しもうと思っていたのですが、3ヶ月経った今は、洋服に執着がなくなりました。

綺麗に体が引き締まれば、プチプラの洋服でも様になるんだなと思えるようになったし、洋服よりも何よりも老後を健康で過ごしたい願望の方が強くなってきたので、買うどころか、ただいま断捨離中です。


全体を通しての感想



私にとって松永さんは28年間のただ苦しいだけのダイエット生活から救出してくれて救世主です!

何度も言いますが、ほんとにほんとに感謝しかないです。

いろんなトレーナーさんがいる中で、ここまで体のことを詳細に分かりやすく説明できる方はいないのではないかと思ってます。
 
私みたいに、なかなかカラダが動かせなくても、腹筋一つとっても、これがダメならこっちのやり方っていう風に、いろんな引き出しを持っていて、分かりやすく教えてくださるし、まさにこれこそがパーソナルトレーナーだよなーって思いました。

最初は食事もトレーニングも指示なしで不安からのスタートでしたが(笑)、終わってみたら、これが管理というものなんだなーと合点がいきました!!

私みたいに真面目ちゃんがダイエットをすると、言われたことは素直にやるんです。

ただ応用が利かないんです。


だからちょっとでもイレギュラーなことが起こるとパニックになります。

28年間ダイエットをしてきて、言われれたことをやってる間は確実に痩せました。

でもそこから離れて(卒業)しまうと、何をどうしたらいいのか分からなくなってしまったり、目標にたどり着いた途端に、ダイエット終わり~!と勝手になり、キープできずにいました。


だから、キープするためには、私自身がダイエットインストラクターになればいいんじゃないかと思い、骨盤ダイエットや食事ダイエットなどのインストラクターの資格を取得したこともありました。

でも、体の機能のことなどを勉強してきたわけではなかったので、インストラクターになってもキープすることができませんでした。

インストラクターなのに、自分の体すら管理することができない。

そんな自分がもっと嫌いになり、また自己嫌悪。

もちろん、こんな私がインストラクターだなんて、おこがましいと思い辞めました。

今だから言えるのは、キープできなかったのは、意思が弱いわけでも、自分がダメなわけでもなく、ただ単に松永さんがおっしゃってる制限だったんですよね。

キープするには管理が大事!そして、管理するためにはメンタルがもっと大事!!

いろんな意味でとっても勉強になった3ヶ月でした

アスリートの大学生の息子と、痩せたいお年頃の高校生の娘が、最初は私のトレーニングを見て笑っていたのに、体型が変わっていく私を見て、私が松永さんのYouTubeとかを見てると後ろから覗き見するようになりました(笑)。

息子は、コッソリ見た松永さんのコンディショニングを見て、自分で納得すると、試合前のアップのときに先輩たちにどや顔で教えてました(母、コッソリ見てしまった(笑))。

娘は、それこそいろんなSNSを見てはトレーニングしてましたが、今では私の動きを真似してます(嬉しい)。

あっという間の3ヶ月でしたが、松永さんのコメントは私の一生の宝物です。

3ヶ月、ほんとにありがとうございました!




28年のダイエット

Hさんは高校生の頃から28年間ダイエットをしてきました。

ダイエット生活と言うより、「ダイエット人生」ですね。

そこに終止符を打つサポートができたこと、とても嬉しく思います!

最初の指示のない不安な状況(笑)を乗り越え、自ら考えて行動をした結果ですね。

散々ダイエットをしてきたHさんだからわかると思いますが、結局やってることって、、、、

普通

なんですよね。

なのにどこかで必殺技みたいなのを求めてしまうので、どんどんおかしくなっていく、、、、

皆さんも、Hさんのように長年に渡るダイエットを終わらせませんか?


2019年3月、このオンラインパーソナルトレーニングでやっているノウハウが、書籍になりました!

「やせない理由はあなたのガマンにありました」日本文芸社



出張パーソナルトレーニング 札幌市豊平区 中央区 厚別区 白石区 東区 西区
オンラインパーソナルは、北海道から沖縄まで!日本全国どこに住んでいても実施できます。

札幌 パーソナルトレーニング 松永健吾
Posted in オンラインPTお客様の声, お客様の声 and tagged , , , , , , .