【名古屋】出版記念ワークショップレポート

こんにちは。

「制限」ではなく「管理」でやせる!オンラインパーソナルトレーニングの松永健吾です。

やせない理由はあなたのガマンにありました!


書籍:やせない理由はあなたのガマンにありました
出版:日本文芸社
著者:松永健吾

まだお買い求めではない方はこちら!


出版記念ワークショップ

この度出版させていただいた著書「やせない理由はあなたのガマンにありました!」

出版記念ということで、この書籍に載っている「7つの神エクササイズ」と「5つの部位別エクササイズ」の計12個のエクササイズを直接指導する、少人数制ワークショップを全国各地で実施しています。

その9回目を名古屋で開催してきましたのでご報告します!



基本①「背骨のS字」の確認



「正しい姿勢」では、

・後頭部
・胸椎
・仙骨


が同じラインになります。

その状態で「腰の隙間が手のひら1枚分」だと、背骨のS字ラインが適正だと言えます。

仰向けになると、自然にその3点が同じラインになるので、そのまま腰の隙間に手を入れると簡単に確認できるんです。

それを実際にやってもらい、

「やってるつもり」

ではなく、しっかり確認しながら行なっていきます。


基本②「3点ギュッ!」の確認



ボールやクッションなどを内ももに挟み、

1.内もも
2.お尻
3.お腹


の3点をギュッと締めたままトレーニングを行います。

これを意識して日々トレーニングしていくと、面白いくらいお腹とお尻周りに変化が出ます!


立ったまま行うカーフレイズやショルダープレスなどの時にぜひ意識してほしいポイントです。

その確認、実際にどのくらい効くのかを体感してもらいました。


基本③「肩甲骨を下げる」の確認


上半身トレーニングの時に、何かと肩が上がってしまう。

このクセは、そのまま肩こりに繋がります。

「肩甲骨を下げる」ということは何気ないことなのですが、苦手な人がかなり多いです。

どんなトレーニングの時も、勝手に肩が上がらないように肩甲骨を下げておくことを意識したいんです。

それを、ペアを組んで確認しながら実践しました。



スクワットの習得



どの会場でも必ずやる、スクワット。

これをちゃんとできるかどうかで人生変わります。

これは言い過ぎではなく、

スクワット=「立ち座り動作」

なので、このやり方がおかしいと膝痛や腰痛の原因となってしまいます。

早いうちからマスターしてほしいので、みっちり時間を割いてやっています。

イスからの立ち上がりなども交えて習得。




7つの神エクササイズぶっ通し!



シメは7つのエクササイズを全て繋げて行なって終了!

短時間で全身を使うエクササイズなんだ!ということがよくわかりますね!

最後に記念写真!



受講生の声

Yさん

産後でなかなか思うように運動ができず、家でできるようなエクササイズをと思い、インスタで発見してこれだと思いました(*´∇`*)笑

ワークショップでは自分の今までのくせが強くて最初は思うように体が動きませんでしたが、でもペアでお互いの動きをみるとなんとなく先生の言っていることがわかった気がしました!

ワークショップ後は速攻筋肉痛でした☆
これから、教えていただいたポイントを元に家トレがんばりまーす(๑・̑◡・̑๑)


ワークショップでは、書籍の内容を中心にカラダの使い方を習得し、自宅トレーニングに活かせるような内容を行なっています。

受講生からは、

「実は、周りの人が露出の多い服装で、自分だけ場違いになるんじゃないか?と怖かったんです」

と言われることがありますが、全然大丈夫です。

一つ一つの動きをゆっくり確認しながら進めていくので、周りを気にする暇はありません。笑

自分の動き、カラダに集中してもらえるように行うので、安心してお越しください!



次回以降の開催場所、日時

新潟 9月16日
横浜 9月22日


詳細はコチラ

今年は全国回るので、ぜひ会場でお会いしましょー!!
Posted in お客様の声, レポート, ワークショップレポート and tagged , , , , , , .